ピンチを切り抜ける「もやもや熟成法」無料プレゼント♪

【質問コーナー】アドレスホッパー生活で、洗濯はどうしてるんですか?

こんにちは!もやもや探検家るんです♪

もやもやに宝あり

なぜ、心理学を学ばなくても
“もやもやに隠れた宝”を見つけるだけで
会社に縛られずに
100%人生を遊びつくせるのか?

〜時間と人と場所に縛られない秘密〜
\今だけ/メルマガで限定公開中!→こちら


メルマガや公式LINE読者さんたちから届いた質問に答えるコーナーです♪
今回は「アドレスホッパー生活で、洗濯はどうしてるんですか?」という質問にお答えします!

あなたも”もやもやに隠れた宝”を見つけて、
人生楽しんだって、ええんやでぇ♪

他の質問も見てみたい方

質問コーナーの記事一覧はこちらからどうぞ♪


今日の質問はこちらです!

質問者さん

アドレスホッパー生活で、洗濯はどうしてるんですか?

元々洗濯は苦手です

旅中の洗濯についてですけど、私は元々洗濯が得意ではなくて。
旅をし始める前、アドレスホッパーになる前は、
週に2回業者さんに来てもらったりとかしてたんですよね。

洗濯をやってくれるサービスがいろいろがあって、
カバンに入れて宅急便で送るとかそういうものもあったけど、
1回やってみたら「面倒くさいな。」と思っていろいろ探していたら、
おじいちゃん・おばあちゃん用の見守り付きの洗濯サービスっていうのがあって。

「おじいちゃん、おばあちゃん元気ですか?洗濯もらいますね。」みたいなやつで、
そこに一応連絡したら、別にまだまだおばあちゃんじゃないと思うんだけど、
「まだおばあちゃんじゃないけど、洗濯をお願いしてもいいんですか?」と聞いたら
「いいよ」と言ってくれて。

おじいちゃん・おばあちゃんの量とは違って、うちは洗濯物がめっちゃ多くて、
その時は息子も高校生で一緒に住んでたからすごい量だったんだけど、
洗濯物の量も倍にしてくれて。

しかも、本当は“見守り”だから対面の受け渡しなんだけど、
私がいないときでも「こうやって置いておきましょう。」みたいな取り決めしたりして。
でも結局そうやって決めたけど、
「やっぱり心配だから」と、家にいるときに合わせて来てくれたりとかして。

そうやって洗濯をやってたんですね。
だから届いたときにもう、ピシって全部畳まれてあるみたいな感じでした。

国内では宿泊先の洗濯機やコインランドリーを利用

家を手放してアドレスホッパーになってからの洗濯は
さすがに毎週同じ業者さんに来てもらうこともできずどうしようかなと思ったけど、

私がすごく憧れてたアドレスホッパーの先輩は、
旅先でも洗濯ができるような、
洗剤と洗濯物入れて、足で踏んだりするのかわからないけど
そうやって洗濯できるものがあるんだけど、
私はそれはめんどくさいなと思ったので、使っていないです。

でも、手で洗っているわけでもなくて、どうしているかというと、
ホテルとかにはだいたい洗濯機があるので、そこでやってる感じですね。

たまに洗濯機がないホテルを選んでしまうときもあって、
その時は「あー、しまった!」と思うんですけど。

以前、洗濯機がないホテルで、そこがすごく田舎だったから、
バスに乗ってわざわざ洗濯をしにコインランドリーまで行ったこともあります。


元々服は3着4着ぐらいしか持っていないので、
やっぱり3日に1回とかは洗濯しないと服がなくなるんですけど。

だいたい、ホテルのコインランドリーで洗濯したり、
Airbnbで泊まると洗濯機がついていることが多いので、
そこで洗濯をしています。

私が一番好きなのは、ドラム式で乾燥まで一気にやってくれる洗濯機で、それがあったら最高です♪
今は東京にいて、Airbnbでワンルームマンションみたいなところに泊まってるんですけど、
ここは洗濯機しかなかったから干しています。
Airbnbで泊まると、だいたい洗濯用のピンチとかも置いてくれてあるし、何とかなります。

以前、与論島で泊まったときに、
洗濯機はあるけど干すところがないというところがあったけど、
その辺にあったハンガー持ってきて椅子にかけたりとかして。
洗濯物はなんとかなっている感じはしますね。

私の場合は本当に荷物をなるべく少なくしたいから、ピンチは持っていなくて、
洗剤もたまにないところもあるけど、
その時は「水でもきっと綺麗になる。」と思って洗濯をしています(笑)

海外ではホームステイ先で洗濯♪

だいたい日本だと宿を選ぶときは、1人の時間が大事だから、
ホームステイのようなところには泊まらず、
ホストがそこにいないところに泊まりたいと思うのですが、

海外に行くと不安だったりして人恋しくなるから、
人の家にホームステイしたり、なるべくホストファミリー的な人がいるところを選ぶので、
そうするとだいたいそこに人が住んでいるから洗濯機もあったりとかして。

国によってまた洗濯機の感じも違って、
洗濯部屋があったりとか、そういうのも面白いから、
海外でコインランドリーに行ったりはしていないですね。


ただ最近はね、コロナで海外に行けないからちょっとわからないんですよ。
少し前というか、海外にガンガン行けてたときは、
宿のレベルとお金的な余裕(「一泊このぐらいまでOK」みたいな自分の中の基準)が、
今の三分の一ぐらいだったから、

そうなるとやっぱり、例えばゲストハウスとかだとタオルがなかったりとか。
洗濯機とかは。。どうしてたんだろう。。。忘れました。

でも人の家に泊まること多かったから、なんとかなったんだと思います。

るんがいつも使っている鞄を紹介♪

2年間このリュック一つでアドレスホッピングしてます。
京都・一澤帆布の22Lリュック。
世界でここだけ。
100年以上、帆布で職人が手作りしつづける丈夫な鞄。
防水ありで修理もできる!

すごい!大好き!

一澤信三郎帆布の22Lリュック
https://www.ichizawa.co.jp/products/details/198.html

【仕事に行きたくない方へ】

もう仕事をしたくない。
でも、働かないと生活が・・・。
だから働く。。。

という解決策が見えない悩みをか抱えた私が、
会社を辞めて人生を100%遊びつくせるようになった方法とは?

仕事に行きたくない方へ


もう仕事をしたくない。
でも、働かないと生活が・・・。
だから働く。。。。

という解決策が見えない悩みを抱えた私が、会社を辞めて人生を100%遊びつくせるようになった方法とは?